女にモテてモテて、もう、モテまくりたい。

不特定多数の可愛い女と、いろんな楽しいこと、あんなことやこんなことをしまくりたい。

 

こんなこと言ったら、家族や友達でも「こいつ頭おかしい」と思うでしょう。

ただ、そんな想いが、僕の、ナンパを始めたきっかけです。

 

 

なんでナンパなの?

で、

 

でも、「そのモテまくりたいっていう願望を満たすなら、別にナンパじゃなくても良いのでは?」と思いませんか?

 

同じクラスにいるあの子。

同じ部署の庶務のあの子。

習い事の教室にいるあの子。

 

探せば、女の子は身の周りにいないことはないですし、

その子たちと仲良くなれれば、女の子には困らないでしょう。

 

「ナンパ。特にストリートナンパなんて、やる必要あるか?」って話ですよね。

 

 

街中で歩いている人に声を掛ける。

でも、その人のことは自分は全然知らないわけですし、

 

その人は、

今から友達と会いに行く途中かもしれない。

美容院に行くところかもしれない。

バイトに遅刻しそうで急いでいるかもしれない。

そしてその人には彼氏がいるかもしれない。

というか、もう結婚しているかもしれない。

 

それでも何人も何人も声をかけて、

無視されたり、うざそうな顔されたり、全然楽しめない状況の中、

仲良くなれる子を探す。

 

明らかに、効率悪いですよね。

最初から、顔なじみで、ある程度信用もある身の回りの女子の方が、成功確率も高そうです。

 

 

ナンパのメリットは経験値を積みまくれるところ

ただ、ナンパにもメリットがあります。

 

それは、チャレンジして次、チャレンジして次、と、経験値をひたすら積みまくれるところです。

 

 

ドラクエで言ったら、ダンジョンを歩いていたら、スライムとか弱い敵が出てきますよね。

そして、倒したら、経験値がもらえますよね。

 

で、歩いてたらまたスライムが出てきます。

で、そいつも倒すと、また経験値がもらえる。

 

そうして経験値を稼いで、プレイヤーを強くしていきますよね。

 

 

同じように恋愛でも、

経験値を稼がないと、自分が強くなれないんですね。

 

ある女性A子にアタックしてみて、うまくいったらいいんですけど、

うまくいかないことがあります。

うまくいかなかったら、ドンマイです。

そんな時は、大抵、なんでダメだったのか、自分ではわからないものです。

でも、今回こんな感じでアタックしてみたけどダメだった、っていう失敗例は覚えるんですよ。

これもドラクエでいう経験値です。

 

それを2人、3人、・・・10人、20人と積み重ねていけば、

失敗例がどんどん積み重なっていきますよね。

 

そうなると、どうなるか、

もう読めてるかもしれないですけど、

失敗しづらくなるんです。

経験値積みまくってるので、めっちゃレベル上がってるんです。

 

 

ですので、A子に行ってダメだったら、次はB子、次はC子、D子、・・・

・・・X子、Y子、Z子という感じで、アタックを進めていかなくてはなりません。

 

 

ですが、

身の回りに女の子にアタックする、という戦法を取る場合、

経験値を積むという観点で考えると、いずれ限界がきます

 

 

身の回りのスライムを倒し尽くしてしまった状態です。

駆逐し尽くして、出現しなくなってしまいました。

ドラクエではあり得ない状況ですね。レベルアップできないので、詰みます。

 

 

でも、恋愛ではその状況が起こります。

例えば、同じ部署のA子にアタックしてみたが、ダメでした。

じゃあ、次は同じ部署のB子にアタックするか!っていうのは、周りの目を気にすると流石に厳しいですし、

また別の、習い事の教室のあの子、にアタックするしかなくなります。

 

もう、すぐアタックできる女の子がいなくなります

しかも、身の回りの女の子を狙うと、これからも普段から顔を合わさなくてはいけないため、

精神的に辛いものがあります。

 

そして、レベルアップできず、女子にモテることも、

口説く女子もおらず、現状維持の生活になってしまうのです。

 

 

そこで、ナンパが良いのです。

数を撃ちまくれて、経験値を積みまくれますし、

アタックして失敗したとしても、もう二度と会わないので、後々の関係を気にする必要はありません

 

そして、それを繰り返す間に、自分も恋愛の経験値が上がり、

自分のLINEの連絡先は、

もはや誰が誰だかわからなくなるほど、

ナンパした女子で溢れかえり、

女性にモテて、困らない生活が送れているようになる、ということです。

 

 

なんといってもナンパは怖い

ただ、ナンパは慣れないとかなり怖いと思います。

 

知らない人に声をかけたり、

周りの人に見られるのが恥ずかしかったり、

警察呼ばれたりしないだろうか、とか心配したり。

 

しかし、それぞれ怖いと感じるのには原因があり、

それを一つ一つ解決することで、

徐々にナンパが怖くなくなってきます

 

 

このブログでも、

「怖いと思っていたけど、なんか、いけそうだぞ」とか、

「やる気が湧いてきたー!」とか、

行動の手助けになるような記事を書いていこうと思うので、よろしくお願いします。

 

 

ちなみに、ナンパにも下のように、色々種類があって、

  • ストリートナンパ
  • 本屋とかTSUTAYAなどのお店の中でやる店内ナンパ
  • バー、クラブナンパ
  • ネットナンパ(出会い系、マッチングアプリ)

まずはネットナンパ(ネトナン)をやると、

街に出て、ナンパすることなく出会いが増やせます。

 

女性とメッセージのやり取りをしたり、

会って会話したり、など、街でのナンパにも必要な経験が積めるので、

「いきなり街でナンパするの躊躇するな」っていう場合は、

最初はこっちから取り掛かってみるのも手です。

 

 

ナンパのメリットである、経験の数をこなせる、という部分は、

ネトナンも持ち合わせている上に、

相手はこちらのプロフィールを見て、どんな人か事前にわかっているので、

ある程度好意を抱いている状態からスタートできます。

 

今、僕のメルマガの中で、

マッチングアプリで出会う方法を詳しく書いたレポートを配布しているので、

ぜひ参考にしてみてください。

メルマガ登録はこちらです。

↓↓↓

メールマガジンNJS

 

以上で、

終わりです。