こんにちは。ツナ缶です。

前回は、見た目を良くする方法1 身だしなみ・メンテナンス編として、

身だしなみや清潔感を保つといった、見た目を良くするための基盤となる話をしました。

 

今回はその基盤の上に積み重ねる内容です。

前回の内容はある程度やりつつ、こちらの内容に取り組むようにしてください。

 

 

髪型を格好良くセットする

まずはこれです。髪型をかっこよくしましょう。

 

美容院に行き、かっこいい髪型にカットしてもらい

デートやナンパにいくときは、自分でワックスやジェルでその髪型にセットして、出掛けましょう

 

髪型のセットってめんどくさい・・・。

僕は、髪の毛をセットするのが嫌いで、社会人になるまで、ほぼほぼしてきませんでした。理由は、「面倒くさい」「ごわごわする」「かゆくなる」「セットが下手でかっこいい髪型にならない」などです。

ただ、セットをしないと、芋臭さというか、もっさり感、が出てしまい、かっこよくなりづらいです。デメリットが大きすぎると気づいて、最近ではデートに行くときは必ずセットするようになりました。

ですので、とりあえず、あなたも、髪の毛、セットしましょう!笑(当たり前だろ!って声が聞こえてきそうですが笑)

 

 

髪の毛が、顔の印象を大きく変えます

髪の毛を含めた顔の雰囲気をイケメンに近づけられるようにしましょう

 

 

具体的なアクション

まず、髪型ですが、なりたい髪型を探します。

 

パソコンでもスマホでも良いので、「ホットペッパービューティー」にアクセスしましょう。

↓↓クリックでサイトが開きます。

ホットペッパービューティー

 

ホットペッパービューティーは、日本全国の美容院や理容院の予約ができるサイトです。

そしてさらに、ヘアカタログ、というメニューがあり、人気の髪型一覧が見れる機能があります。

 

なりたい髪型をそのヘアカタログから見つけ、そして実際に家の近くの美容院を探して予約を取ることまでできる、とても便利なサイトです。

 

実際になりたい髪型を美容師さんに見せられるように、スマホでホットペッパービューティーのアプリをダウンロードしておきましょう

 

さて、こちらがスマホのホットペッパービューティーの画面です。

↑赤で丸を囲んだ部分をタップして、「ヘアカタログ」を開きます。

 

この「ヘアカタログ」の画面から、自分のなりたい髪型を探します。

今は例として、「ベリーショート」を選択します。

とまあ、いろいろ、髪型が見れるわけです。

 

「あ、これ良いな」と思った髪型があれば、

タップすると、画像が拡大され、

その髪型の前から見た図、横から見た図、後ろから見た図、など、

詳しく見ることができます。

 

「この髪型にしたいな」という髪型が見つかれば、

その画面を美容院に直接持って行って、「こんな感じにしてください」と美容師さんにお願いすれば、

その髪型に近い髪型になります。

 

 

そして、その髪型にセットする方法を美容師の方に教えてもらって

自分で再現できるように覚えて、

ナンパやデートには毎回その髪型で挑むようにしましょう

 

 

慣れてきたら、よりオシャレな髪型に挑戦したり、

ナンパ仲間に合流してもらい、彼らの髪型を真似して、試行錯誤してみるのも良いでしょう。

 

ちなみに、最近はオシャレなツーブロックの髪型がモテるらしく、

ナンパで結果を出されている方には、ツーブロックの人が多いです。

 

↓ツーブロックとはこういう髪型です。

サイドの髪の毛が刈り上げられていて、髪の毛のあるところと比べて、

段差になっていて、濃淡が分かれています。

サイドがスッキリしているので、シャープに見えてかっこいい、みたいな感じです。

 

 

服装を変える

次です。

次は服装。

 

服装の選び方

どんな服装を選べばいいか、ですが、

これは僕自身研究中です。

 

ただ、参考になるのは、

げんじさんのYoutubeの動画です。

彼の動画はかなり勉強になり、僕もめちゃくちゃ見てます。

 

街中で通行人を見て、

あ、この人絶対げんじさんの動画見てる!!

って思うことがあるくらいよく見ています。

 

げんじさんは、どういう人かと言いますと、

僕の知り合い、でもなんでもなくて(笑)、

 

WEARっていう、

自分の服装の写真を撮ってネットに上げてみんなに見てもらって、良ければフォローしてもらう、といった、インスタみたいな、SNSっぽいものがあるんですが、(ちょっとうまく説明できずすいません。ちなみにWEARはこちら。WEAR自体も、流行りのファッションを知るのに重宝します。スマホのアプリもあるので、インストールされることをお勧めします。)

 

それで人気のある人です。(雑

それも、一位とかそんなレベルで。

 

それで、オシャレになる方法や理論なんかをYoutubeで動画にして上げてらっしゃると。

ちなみに、ご自身でブランドも立ち上げておられ、意味わからんくらい、ファッションへのコミットが半端ない方です。(ディスってるわけではないです笑 リスペクトです)

 

一つ動画を載せるので、ぜひ参考にしてみてください。

この動画以外にも、タメになる動画がありまくりますので、ガンガンチェックしましょう

 

 

だいたい、動画で情報を得たら、

自分が「かっこいい」と思う服を選んでコーディネイトをイメージし、店に買いに行きましょう。

 

服を買うお店に関してですが、

ターゲットにする女性には寄りますが、まずはそんなに高いお店に行かなくても、GUやユニクロ、H&MやZARAで十分だと思います。

 

また、げんじさんの動画以外にも、

自分がかっこいいと感じる、テレビとかネット、雑誌に出ている人の髪型、服装、靴を真似してみたり、

自分の周りの人や友達で、おしゃれと感じる人を真似しても良いです。

 

さらに、こちらも髪型と一緒で、ナンパ仲間と合流したり、ナンパを教えてもらったりする中で、その人らの服装を真似ても良いです。

 

その他、僕の考えるポイント

あと、僕が服装を考えるときのポイントは、以下です。

 

◆暖かい格好をする

この記事を書いているのが今ちょうど冬真っ最中なのですが、この時期にストリートでナンパをする場合、薄い、寒い服装ですると、1日で体調を崩したりします。

そのため、あったかいインナーを重ね着したり、マフラーやスヌードで首元を温めたり、しっかりと防寒をしましょう

 

普段、ナンパ以外に仕事や学業をしている私たちにとって、ナンパは、平日の仕事・学校終わりや休日などの、本来休養に充てるべき時間を使って活動すると思います。なのでその分、うまく体調管理をしないと、休養が足りなくなり、体調を崩してしまいやすいです。

ナンパをしたことで体調を崩して本業がおろそかになってしまっては本末転倒なので、そのリスクを少しでも減らすため、暖かい服装をぜひ心がけてください。

 

 

◆怖くなりすぎないように、誠実な感じ、優しい感じの格好を心がける

ナンパの場合、道でいきなり声をかけるので、格好が威圧的すぎると、相手は警戒してしまいます、というか普通に怖いので、

まずは、誠実な感じや、優しい感じの格好を心がけてください。

 

例えば、スーツで声掛けをすると、私服で声掛けをするよりも反応率が上がったりもします。

 

まあ、ターゲットやあなた自身のキャラにも寄ると思うので、

これはまだ、検討段階です。

 

 

 

メガネの場合はコンタクトをする

これは、僕自身目が悪いので、めちゃくちゃ悩んだ問題です。

アレルギー持ちなので、コンタクトレンズをつけるとめちゃくちゃゴロゴロして、目が痛すぎるので、最初のうちは、メガネをつけてナンパをしていました

しかし、メガネをつけているか、つけていない(コンタクトレンズ)かで、ターゲットの反応が全然違います

ガンシカ率とか、食いつきが大きく変わります。

 

試してみてもらえばすぐわかると思うのですが、メガネの状態では反応が悪いです。

 

僕はそれを身をもって体感して、メガネではなくコンタクトをつけてナンパすることオススメします。

 

ただ、現実にコンタクトではなくてメガネをつけているというのは、何かしらその理由があると思います。

  1. コンタクトレンズをするのが怖い。
  2. アレルギーですぐ目が痛くなる。
  3. 買い換える値段、維持費が高くつく。

などですね。

 

僕の場合、2のアレルギーですぐ目が痛くなる。が重症でした。

コンタクトを付ける際に、この記事で書いた内容を行わないと、すぐに目が痛くなってきます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
コンタクトレンズで目が痛くなりづらい方法

 

コンタクトがゴロゴロしづらくなる方法をまとめた記事を書いたので、

コンタクトは目が痛くてつけるのが不安だという場合はぜひ見てみてください。

 

以上で、

終わりです。