こんにちは。ツナ缶です。

 

今回は見た目を良くする方法です。

 

めっちゃ見た目かっこよくなって、モテまくろうぜ、って話です。

 

自分がカッコよくなれば、

相手にできる女性の可愛さも上がりますし、

向こうが勝手にこちらを好いてくれることも増えますし、

良いことづくめです。

 

ですので、さくっと見た目レベルを上げて、

良い状態でナンパしましょう。

 

できることから、生活の中に取り入れて行ってください。

 

◆身だしなみ・メンテナンス編

頻度:毎日(のように)やること

①髭、顔のうぶ毛剃り

髭を剃りましょう
普通に、電気シェーバーとかで剃りましょう。
「なめてんのか」ってくらい基本的なことですいません笑

 

肌が白い人にありがちですが、青髭が目立って気になるときは、

日焼けすると青髭が目立たなくなり、良いです。

 

僕はもともと髭は濃い方ではありませんが、肌が白かったため、
髭が不恰好に見えてしまっていました。

今は日焼けをして、目立たないようにしています。

髭脱毛も良いらしいですが、僕はやってないので何とも言えません。

 

 

うぶ毛も剃る

髭を剃る際に、顔に生えているうぶ毛も一緒に剃ることで、顔がシャープな印象になるのでおすすめです。

額、頬骨のあたり、目尻・眉尻のあたりが特に気づきづらく、うぶ毛が伸びたままになりやすいと思うので、注意して観察してみてください。

 

②口内環境改善(歯磨き、フロス、リステリン等)

普通に歯磨きはすると思うのですが、

さらに、夜寝る前などで結構なので、

  • 歯間の汚れをフロスで取る
  • リステリンなどの洗口液で口をゆすぐ

この二つを追加することで、口内環境を良くすることができます。

僕はこの習慣を取り入れることにより、
口臭が著しく改善され、
口の中を怪我してしまった時の口内炎の症状も軽くなりました。

 

フロスというのは、糸ようじとも言われ、
歯と歯の間に糸を通し、そこに溜まった歯垢を取るものです。

僕はY字になったタイプが使いやすいので、よく使っています。
薬局の歯ブラシコーナーで売ってるので、
持っていない方は買ってみてください。

これが僕が良く使っているY字のタイプです。

↓↓↓↓↓

あとは、空腹時や食後なんかは、
フリスクやミンティアなどのミント味のタブレットを食べると、
口臭が爽やかになって良いです。

 

③肌の手入れ(化粧水、乳液)

お肌をつるつるすべすべしっとりさせましょう。

と言ってもやることはお風呂入ったあとに化粧水と乳液を塗るだけです。

 

化粧水と乳液を持っていない方は、薬局で買いましょう。

適当に選んで買っても、十分お肌は綺麗になると思います。

 

 

頻度:一週間に一度(くらい)

④まゆ整え

眉毛を整えましょう。

眉毛は整えるとそれだけで顔の印象が大きく変わります。

ボーボーの手入れしていない眉毛だと芋臭さが出て、格好良さが下がってしまいます。

 

眉毛伸びすぎている場合は、伸びて来た分をハサミでカットし、

眉毛の周りにポツポツと生えているいらない眉毛は、眉用のカミソリで剃ります。

 

器具ですが、自分は鼻毛切りバサミと、眉用カミソリの二つでやっています。

どちらも薬局で売っています。

 

眉毛の整え方は個人差が大きいと思います。
坊主頭のように短く整えて綺麗に見える方もいれば、
短くしすぎるとまゆが薄くなって不良少年みたくなってしまう方もいます。

美容院でまゆもカットしてもらって、自分で同じように再現する感じにしましょう。

 

 

⑤鼻毛切り

鼻毛が周りから見えないようにカットします。

手鏡を机に置き、ライトで照らしながら、鼻毛用ハサミを使って切っていきます。

 

笑って鼻がくしゃっとした時に鼻毛が見えやすいので、

いろいろ表情を変えてみて、それでも見えないようにカットしましょう。

 

 

⑥爪切り、爪やすり

爪を切ります。
爪の先端の伸びたところは白くなると思いますが、その白いところがなくなるように切りましょう。

あと、爪を切った後は、触った感触がちょっとトゲトゲしていて引っかかる感じがあるので、爪やすりを使ってヤスリましょう。

 

より滑らかにするために

爪やすりで爪の先の切った部分をやする際、表側はもちろんですが、裏側(肉側)からも、爪やすりを爪と肉の間に滑り込ませてやすると、より触り心地が滑らかになります。

これは某AV男優のセックステクニック教材で述べられていた方法で、僕はとりあえず真似しています笑

 

ちなみに、爪切りの裏側に付属しているやすりではこの方法はできないので、

このような単体の爪やすりが必要になります。(ガラス製、片面)

 

 

 

 

頻度:一ヶ月に一度(程度)

⑦散髪

定期的に髪を切りましょう。

最近流行りのツーブロックなんかは、刈り上げ部分がすぐ伸びて、ツーブロックではなくなるというか、

もっさりとした髪型になってしまうので、結構頻繁(三週間に一度くらい)に切った方がいいでしょう。

 

髪を切る時期の目安は、

  • セットがしづらくなった、
  • もっさりと重い感じになった。
  • ダサくなった。

と感じた時です。

 

頻度:適宜(気になった時)

⑧体臭ケア(足の臭い、靴のスプレー)

同じ靴を履き続けていると、徐々に臭いがついてくると思います。

靴を脱いだ時なんかに、ムワッと臭う、それではムードもへったくれもないので、ぜひ避けたいところです。

 

足の匂いを防ぐ方法はこちらの3点です。

(1)入浴時に薬用石鹸で足を洗う。

お風呂に入った時にスポンジや手ぬぐいを泡立て、身体を洗うと思いますが、 その時の石鹸を消臭効果の高い石鹸にしましょう。

僕が足の臭いで悩んでいた時、試してみて効果のあった石鹸はこちらです。

 

(2)靴に消臭スプレーをかける

靴自体も臭うので、消臭スプレーで除菌、消臭しましょう。

靴屋さんのレジの隣なんかに並んでいる一本1000円くらいの消臭スプレーを買って来て、定期的に靴にかけるようにします。

 

(3)足に消臭クリームを塗る

出かける準備中、靴下を履く前に、足に消臭クリームを塗ることで、臭くなるのを防ぐことができます。

ちなみに、僕が愛用している足の消臭クリームはこちらで、かなり効果がありオススメです。

 

 

⑨靴の手入れ(洗濯、靴磨き、防水スプレーなど)

普段、普通に着ている服に関しては、洗濯したり、シワになっていないか、ホコリがついていないかチェックしたりすると思いますが、靴も同じようにメンテナンスしましょう。

 

ここでは、僕が普段している靴のケアを書きます。

一つの靴も大事にメンテナンスして、長く使えるようにしましょう

 

 

スニーカーは、買った後、履く前にまず、防水スプレーを靴の外側全体にかけて、1日乾かしておきましょう

この時、防水スプレーの成分を吸い込むと危険なので、部屋の中では行わず、ベランダや外など、風通しの良い場所で行うようにしてください。

防水スプレーを先にかけておくことで、汚れがつきづらいようになります。

 

そしてもし汚れがついてきたら、洗濯してきれいに保ちましょう

僕は、靴紐を緩めて、下敷きが取れるものは取って、洗濯機に入れて、漂白剤に浸け置き洗いをしています。

これだけで、たとえば汚れの目立ちやすい白スニーカーも白く綺麗に保つことができます。

 

 

革靴のメンテナンスに関しては、僕自身まださぐりさぐりなところがあるので、

靴を購入する時、店員さんにメンテナンスの方法を教えてもらってください

 

僕は店員さんに教えてもらったように、砂や埃を布で払って、

缶に入った油のようなものを塗って、ツヤを出しています。

 

 

⑩日焼け

日焼けした肌を手に入れるために、日焼けサロンに行きます。

 

真っ黒になるほどは日焼けしなくても良いですが、浅くこんがりと肌が焼けている方が、

ワイルドさや男らしさが出て、かっこよく見えます

 

普段、インドアな方や、色白な方は特に、普通に暮らしているだけでは、肌の色が白くなっていくと思います。

肌の色が白いと、女性的な感じや、細い感じが出ます。

 

目指すファッションによりますが、

「まだ自分の方向性が決まっていない」だとか、

「普通に一般の人にモテたい」というのであれば、若干肌が焼けている方が反応が良いです。

 

また、少し日焼けをすることで、毛穴の汚れや、髭の剃った跡が目立ちにくくなるので、清潔感が上がるという意味でもおすすめです。

 

まあ、なんというか、実際に試してみてもらって、ご自身でかっこよくなったな、と感じていただく、もしくは女性からの反応をみてみるのが一番早いので、

ぜひ、日焼けサロンに行ってみてください。

 

ちなみに、「日サロに一回だけ行って一気に焼く。」ことはできないので、店員さんに「初心者なんですが、うまく焼く方法を教えてもらえませんか」と伝え、うまく焼く方法を教えてもらってください。

 

手順としては、

  1. ネットで家の近くの日焼けサロンを検索する。
  2. 電話をして、予約を取る、もしくは「今から行っていいですか」と確認する。
  3. 実際に店に行く。

て感じです。

 

 

⑪角栓パック

僕の洗顔が下手なのかもしれませんが、よく小鼻に黒い汚れ(角栓)が溜まります。

鼻の毛穴に柱状の黒い汚れが固まって、いちごの種のようにポツポツと黒い斑点になってしまう感じです。

 

ですので、定期的に、角栓パックを行い、その角栓を除去しています。

角栓パックはこういうシール状の商品です。

 

シールを鼻に貼り、ちょっと待っていると、そのシールに鼻の汚れがくっつきます。

そして、そのシールを剥がすと、そのシールについていた柱状の汚れが一緒に鼻から引っこ抜かれる、という感じなのですが、これが、けっこうゴッソリ取れるので、オススメです。

角栓を引っこ抜いた後、広がった毛穴が肉眼で確認できるくらい、しっかりと除去できます。

 

うまく角栓を除去するコツとしては、

角栓シールを貼る前に、石鹸で鼻のあたりを洗い、油分を落としておくことです。

油分が多いと、ぬめってシールがしっかり貼り付かず、結果、角栓も全然取れない、という自体が起こります。

ですので、あらかじめ石鹸で油分を落とすというのをぜひ試してみてください。

 

 

 

以上で、見た目を良くする方法の、身だしなみ・メンテナンス編は終わりです。

ぜひ、一つ一つ、できることから試してみてください。