2人声掛け 連れ出し、連絡先交換なし

1人目

ガンシカだが、アプローチ時唇をちょっと噛んだので、
「なんで今唇「んっ」てしたんすか?」
とか、言えたはず。
反応拾えず。

2人目

携帯見ながら立ち止まったりゆっくり歩いていたターゲット。

話はできた。
しかし、粘り不足で途中で諦めてしまった。

本当に俺は粘りが足りなすぎる。
無言の時間ができたらすぐテンパる。
どうせもう会わへんねんから、できること最後までやればええのに

相手が拒絶するまで粘ればいい
相手は笑っていたし、反応は取れていた

むしろ、切ったとき、相手は「え?なんで?」みたいな顔してた
諦めるのが早すぎた

いろんなことに突っ込んでやればよかった

今回はアプローチ時の訝しげな表情と、ピカチュウのマスコット、前髪を撫で付けるように触ったため前髪と、3つ相手の反応や共有スペースを拾えた

この3つは相手はどれも笑っていた

「すんごい訝しげな表情してますね」
「仕事終わりですか?いや、ピカチュウ連れてるからそれはないですよね」
「前髪ぴっちーなってますね」(→これは「ほらそんなに触ると前髪ぴーんってなるよ」的な前髪を触るアクションを拾うべきだったかも。)

これらを天丼もできたはずやし、ピカチュウの真似するんでうまかったら連絡先交換してください。とかでもなんでも言えたはずやのにビビってしまった

もっと粘ろう

と思った。

タイプだったので大きく後悔。
今日はそんな感じでした。

あと
一人目が一番緊張するので、一人目の声掛けをできる限り早く行けるよう意識する。やっぱ俺は地蔵してしまうとか、ネガティブな考えが頭を巡ってしまうのでまずその前に声をかけるのが理想。

そして、可愛い子が多い土地に行くのも重要だと思った。
ターゲットを探すのにかかる時間が長引くのも、地蔵と同様ネガティブな考えが頭を巡ることになる。