地蔵してしまう時に見返して、声掛けできるようにするために覚えておきたいことを書く。

・自分のことなんて誰も興味ない。
繁華街を歩いている時、居酒屋のキャッチをしているお兄さんがいる。そのお兄さんが、自分の前を歩いているサラリーマンの二人組に「お兄さん、居酒屋、どうですか!」と声をかけた。しかし、サラリーマンの二人は無言でスルーする。こういう光景を見たとき、何か思うだろうか。何も思わない、というか、興味なくて普段なら認識すらしていないが正しいか?

ナンパも一緒。自分が女の子に声をかけているのなんて誰も興味ない。

・相手の女性や、周りの人にはもう二度と会わない。
例えば、こんな時。信号待ちをしているターゲット。周りには同じように信号待ちをしている人がたくさんいるが、誰も喋っておらずとても静かで、自分の声が周りの人に簡単に聞こえるであろうシチュエーション。そこで、自分がターゲットに声を掛けたとする。無視された。オファーが断られた。自分の会話が滑った。どれも大したことではない。そこに居合わせた人とは、もう二度と会わないのだから。

・大抵の女の子は笑ったら可愛い
女の子は、ムスっとした顔ではそんな可愛くなくても、笑ったら断然可愛くなる

・とりあえず数を撃ちまくる
数を打ちまくらないと始まらない。2、3声を掛けて反応が良くなかったらすぐ諦める。これを人混みの中で待機して、見つけたら行ってをひたすら繰り返す。そうすれば次々行けるし疲れない。

・10人中2人を楽しませる
10人声を掛ければ、2人くらいは反応がもらえる。その2人を全力で楽しませる。その他の8人には特に気を止める必要が無い。心を傾ける意味がない。

・連れ出し場所やなんかはじっくり考えなくていい。
連れ出し先を考えるのは話を聞いてもらってからでいい。場所も移動するから、それで地蔵するくらいなら、何も考えず先に声掛けちゃった方がいい。